保健師求人│おもな就職先・募集状況などについて

保健師求人 → 保健師求人数の実状について

保健師求人数の実状について

保健師の資格をせっかく取得しても、肝心の就職先の数は少ないようです。では保健師の活躍できる場所とはいったいどういうところでしょうか。保健師は主に行政機関や保健所などがある市区町村などで求人があります。
保健師転職サイトの活用、年齢に注意

そこでは保健指導から介護に関する問題についての相談、疾病の予防方法、そしてメンタルヘルスにかかわるものまで実に幅広く業務があります。しかしながら保健師の採用人数は少数であり、実際現場に配置されている人数も多くはありません。

そのことから誰か助けてもらいながら学んでいくというよりも、自ら行動し多くの業務をこなしていくうちに学んでいくという方が良いでしょう。そして人数が少ない故に、すぐに戦力となる人材が求められています。

対して看護師は、多くの看護師仲間と学びながら助け合いながら、不規則な業務をこなしていますので、即戦力を求められていてもひとりで何もかも負うということはないようです。

他にも保健師の就職先は学校や産業関連の保健師になることです。しかしこちらの求人も定着率が高いことから数も少ないので、タイミングや運が関係してきます。

かといって看護師免許を活かし、保健師ではなく看護師に就職するのかといえばその経歴を持つ保健師は少なく、看護師は看護師、保健師は保健師というようにキャリアを一貫しているようです。

保健師の定着率が高いのは、待遇や給与面の条件が良く、残業もほとんどありません。土日祝はしっかり休めプライベートも充実させやすいという理由があるようです。このような待遇ですから、正反対とも言える待遇の看護師に転職する方は多くはありません。

もっとも、看護師の求人も即戦力を求めていますので、実務経験がない保健師の転職は難しいものがあります。また、前述のように保健師が働く場所は限られています。勤務先を選んでいては求人数が限りなくゼロに近くなります。

保健師として働くのならば、保健師求人の特性を知ることからはじめてみましょう。また行政機関では採用情報も掲載しており、更新もされています。常に保健師求人についてのアンテナをめぐらし、遅れを取らないよう行動しましょう。

保健師の指導と今後の需要

保健師の仕事のうち、保健指導とは具体的にどんなことでしょうか。健康診断の数値を参考に、今後の生活についての指導やアドバイスを行うことです。主に労働者の中の希望者に、保健指導をするようですが、もしくは健康診断の際、会社からの要望で特定の社員に指導をしたりするようです。

たとえば健康診断の数値に、メタボリックシンドロームの予備軍や、高脂血症を患っている人など、食事の改善や運動を取り入れた計画を具体的に練り、それを実行してもらうために指導します。

特に食生活に関しては長期間を見込まなければなりません。会社からの依頼であれば、該当する社員一人一人にあった計画を、該当者と共に練るのですから相当の苦労があります。他にも子供の健康や親子関係に関して、フィジカルなものからメンタルなものまで悩みや相談を受け付けています。

また保健指導は、労働者だけでなく地域に住む住人に向けて疾患の予防や、取り組みに対する指導も行います。保健師の担当する地域によって、施設などの数は違いますが、行政機関から派遣される保健師は、指導を望む方の家に直接訪問するなど、出張指導もあります。

このように保健師が健康であるためにどうすればよいかを指導することにより、地域での公衆衛生の面でも向上し、労働災害の防止にも役立つのです。保健師が担う役割とは広く、そして重要です。また保健師は業務を通じて、こどもからお年寄りと年齢層に関係なく人に接します。

保健指導により感謝されることもありますが、保健指導よりも本業には関係のない行政機関の苦情処理係として扱われることもあります。しかし保健師は、淡々とした行政での処理と違い、地域の人の声を直に聞くことができ、またそれを行政に届けることもできるのです。

保健指導とは単に健康になるための指導ではありません。それだけでは指導を受ける側も深刻に受け止めることはできません。現在健康診断で異常とされる数値が若干緩和されています。それはその数値でも大丈夫という統計の元でもありますが、やはり緩和された分気の緩みも出てくるようです。

外傷はすぐに気づくことができますが、内臓の病気などは目に見えない分油断します。これから先、保健指導という予防の役割がさらに需要を拡大するのではないかと思います。